塾で学力を上げるためのポイント

勉強を教えるのが上手い講師の授業を受ける

勉強を教えるのが上手いと言っても、人によって合う講師と合わない講師に分かれます。例えばユーモアを交えながら楽しく授業をする人が良いという場合もあれば、淡々と進めてくれる方が良いという場合もあります…

塾で習った事をその日のうちに復習する

学習塾から宿題として、その日学習した内容のおさらいが出されることがあります。では、その宿題をどのタイミングでやるのが子供にとってベストでしょうか。理想なのは、宿題を出された日のうちにやってしまう、…

塾に行く前に予習をする

基本的に、塾で学ぶことは全て理解して身につけることが理想です。しかし、塾での講義において集中力は長くもたないものですし、学ぶ量も多いです。どんなに優秀な生徒でも、塾で学んだこと全てを完璧に理解する…

個別指導とは何のこと?

個別指導とは主に塾などで使われる用語で、教育の指導形態の一つです。指導者と生徒が一対一で指導を行う場合や、個々の生徒ごとの個性や能力に応じた指導を行う場合などに使います。

子どもにあった塾を選ぶ

周りの生徒が気になる場合は個別指導塾がおすすめ

コミュニケーションを取るのが好きな人は集団塾がおすすめ

子どもに男性講師と女性講師どちらが良いのか聞いておく

親だけで決めないことも大事

子どもに合った塾を選ぶ場合、何もかもを親が決めてしまうということも少なくありません。特に、子どもの年齢が幼い内は親が積極的に動くことが必要となりますが、子どもの意見を聞くことも重要です。実際に授業を受けるのも、継続して通うことになるのも子ども自身ですから、親だけで決めるのではなく、子どもと一緒に塾を選ぶことも大切になります。ただし、子どもの年齢にもよりますが、複雑な質問は避けるべきです。自分にどういった塾が合うかといった様なことは分からない場合も多いですし、難しい話と感じると、塾に対して良いイメージを持たなくなってしまうので注意しましょう。その点、講師は男性が良いか、女性が良いかといった答えやすい質問はおすすめです。講師の性別を話の糸口として、優しい講師が良いか、生徒の人数は多い方が良いかなど話を膨らませられれば、上手く子どもの希望を聞き出すことが出来ますよ。

言葉通りではなく意図を汲み取ろう

塾を選ぶ際、子どもの意見を聞いておくことは欠かせません。けれど、自分の希望が分からないといった子どももいますし、塾に通ったことがない場合、比較が出来ませんので、何を聞いてもよく分からないといった答えが返って来てしまうこともあります。そこで大切なのが、子どもの答えを言葉通りに受け取るのではなく、言葉の裏にある意図を汲み取ることです。例えば、男性の講師と女性の講師のどちらが良いのかを聞くとします。男性と女性のどちらかを聞いたら、そこで話を終わらせるのではなく、もう1歩踏み込んでその理由を聞いてみましょう。男性より女性の方が良いといった場合、優しいからといった理由なこともありますし、身近にいる男性講師と女性講師を比較し、あの先生みたいな人が良いと性別を選ぶこともあります。言葉の裏にある子どもの意図を上手に汲み取って、子どもの希望を聞き出すことが大切ですよ。