塾に行く前に予習をする

自分がわからない箇所を明確にしておくために予習をしよう

基本的に、塾で学ぶことは全て理解して身につけることが理想です。しかし、塾での講義において集中力は長くもたないものですし、学ぶ量も多いです。どんなに優秀な生徒でも、塾で学んだこと全てを完璧に理解することは難しいでしょう。そこで、塾へ行く前に予習をしておき、疑問点や不明点を洗い出しておきましょう。自分が重点的に学びたい箇所をはっきりしておくと、講義の中で聴くべき箇所だけは気持ちを切り替え、しっかり集中して学べるはずです。

また、もし塾の講義だけでは自分の理解が不十分だと思えば、その日のうちに先生に質問し、解決することができます。この状態であれば、復習では応用問題へと進めるので、効率的な学習ができるのです。これを続けることで、塾を活用して学力を上げることができます。

予習は、自分の解き方を事前に把握するために行う

問題の正答にたどり着く方法は、一つとは限りません。自分一人で解いている段階では見えない、別の道筋があることを知るのが、塾の学習でもあります。そこで、予習の段階で自分なりの解答方法を知っておくと、塾での講義の際、自分に足りないものがしっかり見えるため、効果的な学習ができるのです。 塾では、先生の解き方だけでなく、友達の考え方などにも耳を傾けましょう。一つのことを多角的な視点で見る練習は大切です。塾はそういった学習を重ねる場なのです。応用問題というのは、一般的に基礎知識について視点を変えて問題といるものが多いものです。応用問題が解けるようになることが成績アップにつながり、塾を利用した学力向上という結果に結びついていきます。

小学生の塾に通わせるなら、個別指導がおすすめです。色々な生徒の中でグループで勉強を教わるよりも個別の方が学力アップしやすいです。